レイチェルDOA5U

ストーリー

魔神を狩ることを生業とする魔神ハンター。
「魔神の血」を色濃く受け継ぎ、美しい見た目に
反する高い戦闘力を持っている。
クールな振る舞いをしているが、DOAでは魔神ハンターの戦い
とは違う『試合』を楽しんでいる。
ちなみに、DOA5Uストーリーモードには登場しない(ストーリー内容は前作DOA5と同じであるため)

プロフィール

国籍ヴィゴル
性別女性
3サイズB96 W60 H92
流派対魔神格闘術
CV富沢美智恵

キャラクター

NINJA GAIDEN シリーズより参戦したキャラクター。
知らない人にはサラと見分けがつかないとか言われてたりする。
職業は「魔神ハンター」。
どこぞの、スタイリッシュで週休6日を公言して憚らない、ピザ大好きのおっさんと似たような職業である。

その正体は、人の身でありながら、「魔神の血」を色濃く受け継いだ、呪われた運命を持つ女性である。故に、女だてらに常人では振り回すことの出来ない、人の身を大きく凌駕するハンマーを振り回す魔神ハンターである。ドークやマルバスなど魔神卿を相手に、ハンマーを振り回し、666式ヘヴィマシンガン(これも人が持てるレベルではない)をぶっ放す。

ボンテージな格好と、そしてDOA5Uでは、NINJA GAIDENで見られた、セクスィーで豪快な一面よりも、何故か、衣装面でのキャラクターや技付けがなされており、女教師+女王様を体現するドS技がより多くなった。ダウンした相手を踏みつけ、「所詮は人間ね」と相手をなじるのである。ある人々にとっては、間違いなくご褒美であろう。

性格に関しては、NINJA GAIDENのガモフのセリフである、「強い!美しい!姉妹揃って最高じゃないか!もっとも、姉貴の方は鼻っ柱が強い」からお察しください。

NINJA GAIDENシリーズをやればわかるが、どちらかというと、自身と人間を違う存在として認識している部分もあり、内心はどう思っているかは別にしても、リュウ・ハヤブサと違い、「人を守るために魔神を狩っている」わけではない。その点に於ける事項などは、重鬼卿に成り果てた妹アルマとの関連でその辺りが見出すことが出来る。

衣装は、ニンジャガ2でもお馴染みの、別名レイチェル先生も当然追加。残念ながら、貂蝉のコスはない。

ちなみに、172cmという女性してはかなりの体躯。そして、全キャラトップクラスのバストサイズ(B96)である。ついにティナを上回るおっぱいがここに登場した。アメリカは色々と大きいということか。

キャラクター性能

近接打撃系重量級ファイター。
同系統ではティナがいるのだが、彼女は中量級で、ティナよりも打撃連携が豊富なので、ティナとは少し使い勝手が違う。
投げ技も得意で、空中投げ投げからの攻めもを得意とする。

重量級なのに投げキャラじゃないので、どういう性能なのか一見すると分かりにくいと思われ易い
最大の特徴は、一撃一撃のダメージが大きく打撃から投げコンボに行くと、100ダメージ前後を安定して取りに行けるという点に尽きるだろう。
他のキャラで同じダメージを取ろうとすると、難易度の高い操作を必要とされるか、状況判断を見極めなければならない。
しかし、レイチェルはそんなことお構いなしに高ダメージコンボを当て続けられる。

このように一度ハマればあっという間に勝てるが、択が通らず相手のターンになってしまうとどうしてもディフェンスに徹さなければならない。
この辺りは重量級ゆえの宿命。
相手のターンになってしまったら、しっかりと技を見極めガードしつつ、投げ確やホールドでダメージを取り自分のターンを掴み取りたい。

投げやホールドダメージも平均より高い。プレイヤーの防御の強さがレイチェルの強さに直接比例する。

相手にコンボも決められてしまっても重量級なので痛いコンボが入らない。
軽中量級よりもHPが多いと考えてもいい。
より太い択を相手に押し付ける強気の攻めも、レイチェルを使う上で欠かせない立ち回りとなる。

特筆すべきは重量級でありながら移動速度も早い点。身長は172センチと、ティナより低いにも関わらず、技のリーチはかなりあるので、移動速度を活かしたスカシ確定もかなり強い。

殴って投げて、踏んで踏んで人間どもに色々なご褒美を与えてやろう
我々の業界ではご褒美です!

DOA5LRの変更点

Ver.2.02

【調整方針】走り中Tで出る投げを変更しました。

  • 走り中T:出る投げ技をT⇒6T に変更
    しょっちゅう誤爆していて、いらいらの元だった入力が修正された。

Ver1.04

雑感::レイチェルは立ち回りに影響する変更点は特に無い。
強いてあげるなら、下段へのプレッシャーが少し厚くなったくらいか?

  • 下段ダメージが増加
    PP2K,2H+Kの下段が18→22へ。
    ハイカンで当たれば33ダメ、カウンターでも27。
    10回当たれば相手は瀕死という計算になるが、少しだけ使う場面が増えたという印象
  • ヴァイパーツイスト(打撃投げ)系が増加
    4PPPP+KTや3PPP+KTや214P+KTのダメージが増えた(+3ダメほど)。
    今までは床デインジャーの時くらいしか選択に入らなかったが、これからは択が広がるだろう
  • 41236Tが弱体化
    13+15→13+12ダメ
    ハイカン時の倍率が少々まずくなってしまったが、大きな影響は無いと思われる。

主な連携

強力な技1PPを絡めて打撃で揺さぶり、投げですら我を通す。
66Tの背後回り込みが優秀で、有利フレームを存分に活かすチャンス
狙うは41236Tからの空中コンボと、パワーブローの大ダメージコンボだ

近距離戦

主軸となる技群

発生
P11
6P13
3P14
4P16
3K16
6K13
  • PからK(中段) or 投げ
  • PPから、T(OH)や2K(下段)、K(中段)
  • 浮かせ技は少なめ。9Kが中心

Pの発生は11と重量級クラスだが、その後のKが中段なので、Pからの中段と投げの単純二択のほかに、PPからはTを押せばロールオーバー(66TのOH)に繋げることが出来るので、ここからも択をかけられる。ただ、PPKやPP2Kはガードされればそれぞれ投げを食らうので、PPで止めたりしていく。

他の主軸は6P連携。6PPKが浮かせ技であるが、ホールドの的になりやすいので6Kも併せて適度に散らしていく。

6Kが超優秀。蹴りなのに発生が13F、派生技Pで相手を地面に叩きつけ(単発技P+Kと同じ)、踏みつけほぼ確定(受け身が難しい)。踏みつけた後6Kすれば最速Pすら打ち勝てる
なお、相手背後から6KPがヒットするとハイカン浮き確定。そのまま空中Tコンボへ。
初期はリーチの短さからあまり注目されてなかったが、実はかなり強い。

重量級で発生13Fの中段技KとPが揃っているだけでも、レイチェルはかなりのポテンシャルがある

投げに関して

  • 基本は6T。壁際では男性相手には見た目的にも痛そうに変化
  • 41236+Tは派生も含めればかなりのダメージ
  • 66TはOH、PPからも出るよ!

壁投げにもなる6T(ティアマトブロー)が中心だが、位置を入れ替える&壁ダメージの狙える4Tも良さげ。ここぞの場面では41236+Tでガッツリと。

しかし真の狙いは、やはりレイチェルの象徴たる技である、「66T(ロールオーバー)」。今作ではOHなのでかなり使いやすく、PPからも出せるので、近距離ではこの技を軸に出来る。このあたりは、正直な所、ティナと戦い方が酷似している部分もあるので、参考になるだろうか。

ロッドオブアスクレピオス(空中投げ・空中の相手にT)

空中投げ後の簡易コンボ
全キャラほぼ安定空中T→6PKP
中量級以下空中T→9P→6KP
41236+Tから重量級 空中T→6PKP
軽中量級 6PP>空中T>9P>6KP
Ch6PP>6KP空中T→6PKP
上段OH>6KP空中T→6PKP

レイチェルのもう一つのダメージソースがこの空中投げ。

ティナの空中投げと違い、ある程度の高さで浮いていないと掴めないという欠点があるのだが、空中投げの後は叩きつけとなり、追撃が可能という利点も有る。更に、ティアマト・リビューク(41236+T)からも投げられる

位置が入れ替わるという欠点はあるものの、狙えるチャンスにはきっちり決めていきたい所。

相手の重量によって浮きが変わることは、このキャラではかなり重要。
素早い軽量級にそのリスクを思い知らせるためにも、きっちりと最大コンボを決めていきたい
仮にカウンターでフルコンボを決めれば、軽量級なら120ダメ以上を叩き込める
どうしても素早い攻めに弱いので、ここぞという時には大ダメージを奪ってプレッシャーをかけたい。

女王様の踏みつけと受け身攻め(ユルルングル・ダウン攻撃・ダウン中の相手に2K)

相手の受け身への択攻撃
1.OHの66Tを重ねに行く。単純に強い。
2.中段技なら236+P(走り中P)がお手軽で強力。上の裏の選択。GBなのでガードされてもOK。
3.ガードしているなら41236+Tで空中コンボタイム
4.受け身をせず寝てる相手は踏みつける。

ユルルングルとはレイチェルが寝てる相手を踏みつけるダウン攻撃。
我々の業界ではご褒美です!

・・だけではなく、この特殊ダウン攻撃は、ダメージが高い上に、女王様踏みつけ効果により、 何故かこのダウン攻撃を食らった後は、相手は起き蹴りが出せない上にレイチェルの方が早く動けるという、女王様ヒールである。ちなみに、空振りしても大した隙がない。女王様の踏みつけに死角はないのである。
アップデートにより硬直が増えてしまった。
ただし、ダウン2Kを読み切ってその場起き上がりをしないと投げが入らない間合いになるため、空振りリスクを考える必要はあまりないだろう。

とはいえ、相手はレイチェルに対して受け身を取らざるをえないことに変わりはない。
強制起こし性能は残っているので、受け身を取らない相手にはガンガン踏んでいこう。

なので、この技をチラつかせながら強力な受け身攻めをしていくと、単発連携になりがちなレイチェルの攻撃が、強力かつ持続しやすいのである。

ロールスルー

  • 出し方は「2or8P+K」
  • ここからPは中段、Kは下段

サイドステップ属性を持つレイチェルの特殊移動技
ただし、近距離の避け性能はほぼ皆無と言ってよく、中距離でようやく避けられるかも知れないという怪しい性能である。
相手の技を避けてカウンターを狙うなら、サイドステップ技にしたほうが何倍もマシである。
ロールスルーKのしゃがみステータス移行も非常に遅いため、避けるために使う技ではない。
ごくたまに混ぜるくらいにとどめたほうがいいだろう。

中〜遠距離戦

  • 66Kがレイチェルの中心
  • 2H+KやH+Kでステップに対応
  • 236+Pも強い。走りからPでも出せる上にガードブレイク技
  • ロールスルーで様子見しつつ攻める
    コマンド属性フレームガード硬直備考
    66K中K20GB+5攻め→防御の時は非常に強いが、
    攻め→牽制となるとそれを潰せずカウンターをもらいやすい
    236P中P20GB-1攻め→牽制に結構刺さる。
    ガードされたなら、屈伸や上段ホールドや1PPブッパなど
    ロールスルーK38-15当てると+15、先端ヒットで更に有利が伸びる
    しゃがステまで時間がかかるので暴れに使えない
    H+K13-7迎撃用。追尾付き。出が早いので近距離戦でも使える
    中距離戦で不利を感じたらばらまいておく使い方もある
    4H+K15-12しゃがステ付き浮かせ蹴り。背向け終了の上にガード硬直が大きい
    打つからには必ずヒットさせたい
    4P中P16-10派生がある中段追尾。
    リーチはそんなに無いが、直線的な技に対抗してくる相手に、ダッシュ技と見せかけて使うなど
    兎にも角にも、66K(アローキック)が使いやすい上に強い。直線技なので、ステップなどに弱いが、ダメージが高い上にガードブレイク。取り敢えずこの技を振り回す。

他には236+Pやロールスルーからの派生技もリーチが長くて素敵。近距離の立ち回り技として使う4Pも、中間距離戦では有効な手段。

中距離戦はレイチェルの得意な距離ではないが、優勢と見たら飛び込みたい。
また不利だと感じたら最低でも仕切りなおしたい
自分が不利=相手が優勢で飛び込んでくるという「逆択」を考え、上手く有利に転じたい

レイチェル対策と、対策された時の対策

このキャラは、見た目のアレに反して、わからん殺しタイプではなく、連携も素直で、相手の狙いもわかりやすい。そこが似た(ような)タイプのティナと大きく違う所。

技の発生が全般的に遅く、他の重量級キャラより、投げやホールドのダメージが少し低い。そして、攻撃の主軸になる6Pと4Pと3Pからの連携は攻撃属性が中段のみである(一応、4PP2Pという下段連携もある事はある)。

故にあまりに素直に技をつなげていると簡単に対処されてしまう。
DOA5Uのチュートリアルにある読み合いをマスターするのが非常に大事。

ロースライサー(1P)&ダブルハンマーショット(1PP)

1P18F-10-4CRしゃがみステータス+追尾
1PP24F下中-12当たれば浮く
※フレームはトレモなので間違いあるかも

レイチェルのお手軽で強力な技の一つ。
初段が下段で、下段→中段と強力な連携でありながら、2段目がヒットすると相手が浮く。
当然、まず真っ先に対策される技の一つ。

そうなったら1Pから中Pホールドを投げる択を用意する。ハイカウンター投げは例え4Tであろうとかなり痛い。
また、41236T派生コンボはフレームや入力の関係でハイカンが間に合わない(こすりまくってくれたらラッキー)が、軽量相手なら90近くのダメージコンボを叩き出せる。

1PPは2段目がChでヒットしようと、ホールド判定がある。
取れる人はほぼ確実に成功させるため、諦めて別の択を考えよう。

ホールド不能連携(アップデートver1.09)

3P>3P
一度ヒットすると空中投げコンボまでひと通り確定する。ホールドも回復も不能

対策の対策・ディレイを駆使する

6Pや4Pなどは非常に長いディレイがきき、counter hitの文字を見てからでも余裕で繋がる。
1Pは猶予が短いがカウンター確認は可能
これらの派生技は当たると非常に痛いため、ホールドの的になるがディレイでタイミングをずらす、カウンター確認をするなどして読み合いに持ち込もう。

対策の対策・不利な状況になったら逃げる

攻め込まれると本当に辛くなるレイチェル。 しかし、彼女には速い脚があるのだ。
バクステで離れてしまう、サイドステップやロールスルーでかわしてしまうなど。
ハンターが逃げる時、それは相手を追い詰める布石である。
ちなみにDOA5Uのバクステ入力は21212121...と擦る。44では遅い(ニュートラルを経由する為)。

クリティカル関連

相手の体力が半分以上ある場合、クリティカルレベルを稼いでダメージの底上げを狙いたい
ホールドされやすい連携を逆手に取って、属性を散らしつつ継続技を単発で叩き込んでいく立ち回りなどが考えられる
主な技は

  • 3PP
  • 3K
  • PK
  • 6PP など
    4PPPと3PPPは全段ヒットでバースト手前になる。予めそれを考えて出さないと、CBチャンスを逃すことに。
    全て中Pなので相手はホールドしやすい。逆手に取ってティアマト投げしてしまうのもありだ
    非常にディレイが効くので暴発しやすい。連携ドメする場合はHボタンを押そう

コメント

  • 対レイチェルもバイマンくらい泥沼になると全部投げられてメッチャ痛い -- 2014-07-24 (木) 19:26:46
  • ##スパムのコメントを削除しました##




添付ファイル: filechara_rachel.png 1373件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-10-06 (木) 15:58:40 (103d)